キルトとバラ栽培の日々
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ -------- (--) --:-- ]  
   Category:スポンサー広告
昨日は大学病院へ行く事より、ちゃちゃの生みの親ブリーダーさんにご報告を言う為に伺うことがメインでした。
ちゃちゃの手をつけてないドックフードやシャンプーリンスなど使っていただこうと持っていきました。なんだか残り物みたいで悪いかなと思ったけど、捨ててしまうのももったいないし、ちゃちゃのお母さんのエレナちゃん達に役立てれば嬉しいなとごっちゃりと持っていってしまいました。

泣き言は言うまいと思っていたけど、やっぱり愚痴ってしまいました。
優しく私の話す事を聞いてくださってありがとうございました。

ブリーダーさんのおうちには産まれてまだ50日ほどのブルマールの赤ちゃんがいて、少しだけ触ってしまいました。
もこもこしててとっても柔らかくって、甘噛みする歯が可愛かった~そのまま連れて帰りたい心境に駆られました。

2007-7-4a.jpg

ちゃちゃのブリーダーさんからもお花を頂きました。
ちゃちゃの為に色々してくださってありがとうございました。

何もやる気がおきなくてだらだらした生活を送っていたら、今日は朝から吐き気がして1日寝込んでしまった。
夕方にはだいぶ良くなって夕ご飯の仕度は出来ました~
朝、下の子の髪を結わいてあげれなかったら、自分で結わえていった。
4年生になって少しは自分の事が出来るようになってきたようで、ちょっと嬉しくなりました。
スポンサーサイト
[ 2007-07-04 (Wed) 23:39 ]   Comment(3) / TrackBack(0)
Theme:シェルティ☆大好きペット   Category:
written by えこりん♪
こんばんは。
お体のお加減いかがですか?
ブリーダー様も悲しんでいらっしゃったでしょうね。
ブルーマールというと、本当にしっかりとしたブリーダ様なんですね。
エレナちゃんも残念がっているでしょう。
来夢の里親さんも来夢が病気だと知ったときは本当に悲しんでいらっしゃいました。
先日里帰りしてきましたが、元気な来夢の姿を見てもらえたので
本当によかったと思っています。
そして、来夢と同じママ、パパの間に
また次の子どもが生まれたのですが(現在3ヶ月)来夢が万一のときに・・と言って
私に託してもいいと♀犬を手元に残してくださっていました。
もうそのママは避妊させるので来夢に似た子はできないから・・とおっしゃっていました。
だからきよみさんがブルーマールの赤ちゃんを触ってしまった感覚はとてもわかります。
私は来夢がまだ健在なので、その赤ちゃんをいただくつもりはないのですが、お気持ちはとてもよくわかります。

また我が家にも小6の娘がいますが
お子さんはちゃちゃちゃんのこと、受け止めていらっしゃいますか?
私もチャッピーや来夢がそうなったとき
自分がどうなってしまうか、想像もできません。
私は今までペットロスの経験がないので・・。
子どももどういう気持ちになるか、そんなことを考えると不安でいっぱいです。

ちゃちゃちゃんを忘れるのではなくて
いっぱいいっぱいそばにいるから大丈夫!ってなるように、きよみさんを応援します!!!

くれぐれもご無理をされないようにご自愛くださいませ。
2007-07-05 (Thu) 21:44 Web [ Edit ]
written by ボウベルズ
きよみさん頑張ってください。辛い事とは思いますが、早く元気になってね。
私達も4年前溺愛していたシェルティーを亡くし、空白の時間を過ごしました。
夫婦の会話も少なくなり、笑顔をつくることができません。でもうちの場合は4ヵ月で新しい仔をむかえる事にしました。
きっかけは、茨城のフラワーパークへバラを見に行った帰り、つくばわんわんランドによった事です。
やっぱり、わんこを見ていると顔がほころぶのです。
いろいろ考えぬいたあげく、シェルティーを地元のブリーダーさんにお願いすることに。
新しい仔を手に抱いた時、なぜか涙があふれたのを今も忘れません。
考えはいろいろでわかりませんが、私達はこうしてペットロスから離れました。
あの時はこんな思い二度としたくない、犬はもうぜったいいらないと思ったものです。
ただ現在は、きよみさんがご存知の通り2匹の仔を中心に回った生活です。
今も出かける時、旅行の時、いつも一緒にバックの中に前の仔がいます。


2007-07-06 (Fri) 18:06 Web [ Edit ]
written by きよみ
*えこりんさん*
来夢ちゃんの里親様優しい方ですね。
そうですよねやっぱりお母さん同じだと似てますよね。
来夢ちゃん全然元気ですもの、お世話大変ですけど頑張ってくださいね。

うちの子(下の子)初めはちゃちゃが死んでしまった事が理解できませんでした。
次の日ちゃちゃがいつものように動き回り、騒がしくしない事がショックなようでした。
朝やっと「寂しいよ~~」と泣き出していました。
私がメソメソ泣いてばかりいるので、「泣いてばっかりいるとちゃちゃが生まれ代われないよ」と怒られてしまいました。
どこで教わってくるのか、子供って不思議ですね。
子供心にも死んでしまった、寂しさ哀しさを受け止めているようです。
今は率先してお線香を点けてくれたり、ちゃちゃの好きだった食べ物をお供えしてくれてますよ。
とても辛い事だったけど、子供にはとても良い経験をしたと思います。
ご心配かけちゃって、1日寝てたら治りました。来夢ちゃん見てると可愛くて、ほっこりさせてもらってます。

*ボウベルズさん*
リズちゃんにすずちゃん、時々ブログで拝見させていただいています。(読み逃げしててごめんなさい)
2人ともとっても可愛い仔達ですね。
2人の仕草に癒されてますよ~
近所でボーダーちゃん飼ってるおじいちゃんがいて、ちゃちゃはそのおじいちゃんが大好きだったんですが、引っ越してしまって寂しそうでした。
近所に新しくペットショプが出来てつい見に行ってしまいました。
シェルティーの仔がいてとても気になって次の日も見に行ったら、お迎えされたようでもう居ませんでした。売れ残らず良かった~と思った反面ちょっと哀しかったです。
ダメですね。シェルティー見ちゃうと。笑)

代わりのワンコをと思う気持ちと、ちゃちゃじゃなきゃ嫌だと思う気持ちが入り乱れています。もう少し時間が経てばと思うのですが・・・
私達もボウベルズさんと同じで、夏休みに伊豆のドックフォレストに行く計画を立ててます。やっぱりワンコの居ない生活は寂しいです。


2007-07-07 (Sat) 21:32 Web [ Edit ]
管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://rosetime.blog59.fc2.com/tb.php/94-1f62e92d
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。